読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JavaScriptでは同値演算子(===)と不同値演算子(!==)を使うべき?

等値演算子(==)と不等値演算子(!=)

'' == '0'          // false
0 == ''            // true
0 == '0'           // true
false == 'false'   // false
false == '0'       // true

false == undefined // false
false == null      // false
null == undefined  // true

' \t\r\n ' == 0    // true

同値演算子(===)と不同値演算子(!==)

'' === '0'          // false
0 === ''            // false
0 === '0'           // false
false === 'false'   // false
false === '0'       // false

false === undefined // false
false === null      // false
null === undefined  // false

' \t\r\n ' === 0    // false

普段PHPを仕事で使ってるからなんだろうけど、このくらい甘いのが普通な感覚.....
次からPHPでも同値演算子と不同値演算子のみで書いてみようかな。
きっちり書くのは良いことだよね!!